BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

Yngwie Malmsteen/Eclipse(1990)ヒンヤリ冷たいキラキラ輝く北欧の夜

ギタースタイルは全く影響を受けていないイングウェイですが、
ロックギター界に影響を与えた意味では認めざるを得ない存在だと思う。
リアルタイムではないものの初めて買ったアルバムOdyssey(ジョーリンターナーがVo)は
ギター ヒーローのイングヴェイというよりもかっこいい曲を書くギタリストとして記憶に残りました。

速弾きがどうしても注目されがちな彼ですが、やはり本領発揮はソングライティング!
ただのピロピロしてるギタリストならここまで琴線に触れなかったと。

80sハードロック愛好家としてはアメリカナイズされたOdysseyもイングヴェイとジョーの化学反応でそれは素晴らしいアルバムだったのに対し北欧の冷んやりキラキラ哀愁ハードロックの今回推薦盤の「Eclipse」

f:id:biglife:20190613224657j:plain
ヨラン・エドマン(震災の時に大丈夫か?とメールを送ってくれました)をボーカルに
バックメンバーを一新して製作されたこのアルバム。
個人的にソングライターとしてイングヴェイに大きく影響された一枚。

1.Making love イントロからキラキラシンセのメロディアスチューン!
2.Bed room Eyes ファイナルファイトの音楽に使われてそうな跳ねたメロディックなロックソング
3.Save our love 北欧の古城の横を流れる川のような雰囲気のバラード
4.Motherless Child イングヴェイらしい疾走感のあるチューン
5.Devil in Disguise もう北欧しか感じられないミドルチューン
6.Judas イングヴェイ式北欧メタルここにあり!ガガよりjudasといえばこっち
7.What Do You Want シンセにかぶるインギーのギターが素晴らしい。北欧メタルの様式美★★★
 終始バックに流れるキラキラシンセが琴線に触れる
8.Demon Driver スピードチューン。しかしどこまでもメロディアスで哀愁度が高い
9.Faultline 文句なしの超絶哀愁北欧メタル、これがお手本。インギーのこういうソングライティングに惹かれる
10.See You In Hell インギーらしいスピードチューン。しっかしどこまでも哀愁。
11.Eclipse アルバム最後に相応しいメロディアスなインストチューン。速さの中にも歌えるメロディーがある彼のギターは本当に素晴らしい!
f:id:biglife:20190614032442j:plain

個人的な解説をふんだんに盛り込んだイングヴェイ式北欧メタルなアルバムEclipseの紹介だったが
正直そこまでコアなファンでもないしギタリストとして影響を受けていないイングヴェイ。
ロック界の「いい曲を書く」ソングライターとして彼を見たときに感服せざるをえないほど素晴らしいソングライターの一人であることは間違いない。

その後、出てきたフォロワーと格が違うのはソングライターとしての力量にあるのではないかと思う。
War To End All The Warまでのイングヴェイはギタリスト・ソングライターとしての才能は本当に素晴らしい。

そんな中でも特に異彩を放ち、ヨランの哀愁と90年代期のシンセをたっぷり詰め込んだ北欧メタル好きにもアピールできるとんでもないアルバムがこのEclipseだ。