BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

接客のお仕事vol.27 お客様に絶対してはいけないこと

接客販売のお仕事をされているあなた、毎日笑顔で楽しく働いていますか?
僕のブログがあなたの参考になれば嬉しいです。
はじめてスーパーで働きだした高校生時代からもう20年以上が経とうとしています。
その経験の中で発見したこと、僕の経験は全て実経験を元に書いています。

さ、今日は僕が接客販売で気をつけていることをお教えしたいと思います。それは最後に。

お店には色々なお客様が来られますよね?
接客販売のお仕事をしていると本当に様々なお客様に出会います。
事務や工場でお勤めの方にはない一つのメリットではないでしょうか。
僕も接客に疲れて工場でひとりモクモクと仕事しようかなぁなんて思った時期もありましたし実際転職して一度工場で働いたこともあります。
しかし、僕にとっては人と会話できないのはつまらないことに気付きそしてバーテンダーに繋がるわけです。

今の時代、お客様は神様とは思いません。
確かに黙っていても商品が勝手に売れていた時代はありました。
しかし今は商品をインターネットでボタン一つで安く買えて翌日到着が当たり前の時代です。
そう考えるとわざわざ店舗に足を運んでくださるお客様はそれはそれはありがたいことだと思いませんか?

先ほどお客様は様々な方がいらっしゃると書きましたね。
ありがとうと笑顔で言われるお客様、素っ気ないお客様、女装され来店されるお客様、小銭を投げつけるお客様。
もう毎日楽しくて仕方がありません。
(色んな意味で勉強させていただいています(笑))

ただ、やはりどんなお客様でもお店の商品を購入してくださり身銭を切ってくださる大事なお客様です。
それが回り回って僕たち接客販売スタッフのお給料になりますからね。

ですから僕が接客販売をする上で気をつけていること。
これは忘れやすいですし、僕自身も常に肝に命じ意識して気を付けていることです。
あなたにも共有したいと思います。

それは
【お客様の悪口を言わない、スタッフと共有しないこと】です。

接客販売のお仕事はチームワークも大事ですが決してチームプレーではありません。
ですのでランチを一緒に行くこともありませんし、仕事終わりの一杯なんてのも行きません。
そんな時間があるなら本を一冊でも多く読みたいですし体を鍛える時間に充てたいものです。
そして実際にそうしています。

意識高い系かよなんて上司に言われますが最高の賛辞に聞こえますね僕には。
裏で陰口を言われているみたいですが最高じゃないですか。
そんなに僕を意識してくださるなんて!

僕はもっともっとお給料が稼ぎたいですし、僕から商品を買ってくださるお客様にも喜んでいただきたいと心からそう思っています。
喜んで納得して笑顔でお金を払っていただきたいんです。

ですからどんなお客様がいらっしゃってもお帰りになった後で悪口は決して決して言いません。
周りのスタッフが言ってきても同調しません。
上司が先日、たくさん買って下さったお客様のことを「今の人、絶対カツラだったよね?」と言ってきても
僕は
「そうなんですか?見ていませんでした」と返しました。
もちろん見ていましたが気持ちよく商品を買って帰られた後に自分のいないところで悪口を言われているお客様の立場に立てば気持ちいいですか?って。

僕は過去に髪を切りにはじめての美容室にいったとき。
(こんなときは大抵自分よりもかっこいい人の写真をサンプルで持っていくのは気が引けるもの)

たまたま目に入った某俳優さんの髪型が気になって
「今日はどうします?」と聞かれたのでその雑誌を手に取り
「こんな感じにしてください」と言いました。

その後の美容師の態度を僕は見逃さなかった。
大きな鏡越しに見えたその美容師は後ろにいた別の美容師に頭をひねりながらこそこそ笑っていたんです。
「ん?何かおかしなこと言いましたか?」と聞くと
「いや、別に」と髪を切りはじめました。

僕の悪口だったかは聞こえないのでわかりません。
でもお客様にそういう思いをさせるのはどうなのかなと正直思ったんです。

初見で行った美容室で馴れてませんし気を使いますよね。
たまたま月曜日営業しているお店がそこしかなく予約して行ったお店での出来事でした。

気持ちよく時間を過ごせませんでしたがそれでも僕は接客販売のお仕事をしている人間として身を持っていい勉強をさせていただいたと感謝しているんです。
あの日から僕は決してお客様の前ではもちろん、帰られた後でも悪口は言わないと決めたのです。

お客様は神様ではありません。
僕たちと同じ感情を持った人間です。
顔晴って働いて稼いだ大事なお金を持って人生の貴重な時間を使いわざわざ足を運んでくださり商品を買ってくださるお客様です。

これを肝に命じてください。
大事なことなのでもう一度言いますね?

【お客様の悪口は決して言わない、決して悪口に同調しない】

これをするだけであなたは素敵な接客販売スタッフです!

接客のお仕事ブログもvol.27まで書きましたがまだまだ書いていない秘技はあります。
これはいつか僕が本を書いたときにまで温存しておきます。楽しみにしていてください!