BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

接客のお仕事vol.24 私の相棒編 グランドセイコー SBGX061

バーテンダー時代はロレックスエクスプローラー1を着用していましたが
接客販売のお仕事に戻ることになり仕事で使える時計を探していました。
特にロレックスが好きとかではないのですがラブジェネ世代なもんで当時木村拓哉さんに憧れていましたから。
カバンはもちろんポーターですよね。

僕はステンレスよりも革ベルトが好きなのですが購入時期はちょうど季節が暑い時期だったのでステンレスにすることに。

まずメンテナンスがほぼフリーなこと。
デザインがシンプルなこと。
デザインがエクスプローラーに似ていること。

色々調べてたどり着いて購入したのが
「グランドセイコーSBGX061」です。

サイズが3.7mmで小ぶりかなと思っていましたがなんのなんの。
僕は柔道をしていたので腕が太いので候補としては40mmのSBGV223でした。
やはり新型も捨てがたいことと腕の太さがあるので40mmのほうが存在感が出せると思いました。

ですがマイナスポイントも。
まずは新型はセイコーロゴがないこと。
いざ40mmを着けてみると僕の腕でも時計が大きく感じること。

デザインはクオーツなのでダブルネームのセイコー有りのほうがかっこよく感じました。
新型もお店で確認したのですが6時に何もないのはやはり寂しい、せめてquartzといれてくれれば、、

というわけでIWCやブライトリングも候補に入っていましたが仕事で使うとなるとあまりでしゃばるのは良くないと思いグランドセイコーに決まり。

所有しているロレックスのエクスプローラー1も新型の39mmなんですが今思えば旧型の36mm所謂木村拓哉モデルのほうがバランスが良くて買い直したいくらいです。

僕のようにがっちりしている人は大きなサイズを選びがちですが36mm-37mmでも十分存在感はあります。

しかし国産の時計は本当に美しい。
エクスプローラーは個人的な思い入れもあるので気に入っていますが日本人なのでそこはメイドインジャパン
をプッシュしたいですしこうした物作りをしている会社にお金を使いたいです。

大事な僕の相棒です。

ロゴが変更になりセイコーロゴがなくなりGSだけに変わったグランドセイコー ですが
クオーツに限ってはセイコーありの旧式の方がかっこいいと個人的に思います。
レディースもあるので仕事で使ういい時計が欲しいと考えていらっしゃる接客販売されている女性の方にもおすすめです。

f:id:biglife:20190806203236j:plain