BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

接客のお仕事vol.13 時間の管理

日本人の美徳としてチームワークを大切にすることは誰もが知っていることですが、その反面村社会といいますか極端に人の目を気にする、もしくは人と違うことをすれば弾かれるなんて意識もいまだにあるのではないでしょうか?

接客業でももちろんチームワークが大事です。
しかしチームで売り上げを狙うというより個人個人が選手でありフォローをしあえる環境をつくるという言い方のほうが適切かもしれませんね。

僕が一番はじめのスーパーのアルバイト時代を振り返り一番反省していることは飲み会や遊びに行くことを楽しんでいたことです。
確かに仲間意識や打ち解けることはできましたが成長はあまりしていなかったように思います。
はじめてアルバイトを経験するとお金を稼げて学校以外の大人との交流があるのでつい付き合いで出掛けたり少し背伸びをしたりするものですが(実際僕がそうでした)今から思うと適切な距離を保ったほうがよかったかなと反省しています。

あなたは将来やりたいことや目標はありますか?
僕もあります。しかも今の職場に入社してそれが明確になりつつあります。
それが途中で変わってもいいし、むしろあなたが出会う人の影響でどんどん想像もできない道に行くかもしれません。
それは人生のおもしろいところでもあります。

現在は大手の会社も社員に副業を認めていますし、長く勤めればいい時代でもないように思います。
ビール工場のスタッフさんにアルバイトでかけもちをされている方がいらっしゃるのですが確かにだらだら長時間社員で働くよりも短時間と短時間で集中して働くという働き方もそれはそれでありなような気がします。

人がどう言っている、家族が、友人が、世間が、もちろん生きていると必要でなくても情報は入ってきます。
何が言いたいのかというとあなたのやりたいこと、目標がうっすらでもあるならその目標のために今日できることをやりましょうということです。

僕は飲み会にも滅多に顔を出しませんし、行っても必ず一次会で二時間以内に引き上げます。
それで付き合いが悪いとか言われても一切気にしませんしだらだら会社の文句を言い合う時間があるなら映画の一本、本の一冊でも読みたいです。
楽しくないとか言っているわけではありません。
あの女の子と仲良くなりたいとか僕にだってそう思う気持ちはあります。
だけど長いようで限りのある人生、あなたや僕が本当にやりたいことは簡単なことから時間がかかることまであるでしょう?
そうです、目標から逆算して今を考えると職場のスタッフや上司との付き合いの時間も不要だと思うなら行かないという選択肢もあるよと言いたいんです。
きっと3年もしないうちに今の職場に自分はいないでしょう、あなたもそこがあなたのゴールではないはず。
だったら他の人が飲みに行っているからこそ僕はその時間を学ぶ時間に充てたいわけです。

次回に書きますがプライベートで遊ぶのは生き金です。
生き金、死に金。生き時間、死に時間。

このお金と時間は生きているのか、それとも今の自分にとっていらないものなのか。

接客のお仕事とか一見関係のないようなことですが自分の人生を管理するという意味ではとても大切なことなので書きました。
時間は取り戻せません、無駄な時間を多く過ごした経験があるからこそ時間の大切さに気づいたとも言えますがやはりこの事は伝えておきたかったです。

乗り気にならないことや付き合いだからと行く飲み会にもあなたはノーと言えますか?
昔バーテンダーの同期の女性に押されると断れないという方がいましたが自分の人生を生きるにはまわりに押されてはいけません。
あくまで運転手は自分、ハンドルは自分が握る。
少しでもあなたの気付きになれば嬉しいです。