BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

永久保存版! 本当に美味しいカルピスの作り方

というわけで今日はとっても美味しいカルピスの作り方を伝授しますよー。

カルピスを好きじゃない人っているのかってくらい今やすっかり国民飲料になったカルピス。

元は創業者が中国で体調を崩しモンゴルで療養中に飲んでいた乳酸菌飲料がカルピスのルーツだそうで、きっとモンゴルで飲んでいたのはどんな味だったのでしょうか。

カルピスほど美味しくはなかったと勝手に想像しています。笑

 

お酒を飲めないお客様や同伴のお客様には断然人気のあったカルピスですが、ノンアルカクテルもたくさんあるのにあえてカルピスを注文されるお客様にはこっそり作り方を教えて差し上げていました。

ちなみに裏技ですがソフトドリンク炭酸なし類もカクテルシェーカーで振ってあげることで空気と混ざり味が柔らかくなります。

これはアルコールの飲めないお客様にすごく喜ばれていました。

 

僕にも姪がいるのですが先日彼女の誕生日にカルピスを作ってあげるとすごく喜んでくれたのでお母さんお父さんぜひ美味しいカルピスを作ってあげてほしいなと思います。

 

カルピスって薄かったり、濃かったり、うまく作れる時とうまく作れない時ってないですか? これは全て分量と『ある一手間を加える』だけで劇的に美味しくなります。

そうマグレなしの確実に美味しく作る方法です。

 

まず用意するものは

1、300mlのグラス

2、ヴォルビックなど冷えたミネラルウォーター

2、氷(市販のかち割りだとなお良し)

3、カルピスの原液

4、混ぜるマドラー(お箸でも代用可)

以上です。

 

それでは美味しいカルピスの作り方です。

1、まずはグラスに氷を半分超えほど入れます。

2、カルピス原液45mlを計って氷に当てるよう(氷の霜を取ります)に入れてください。

※さてここ重要ですよ!

3、『マドラーやお箸でカルピス原液をくるくる混ぜて(ステアーと言います)して冷やします。』

(この一手間が本当に美味しくなる秘訣です)

約20回ほどで冷えると思います。グラスを支えている手で冷えているか確認してください。

 

4、冷えたミネラルウォーターをグラスの8割ほどまで氷を避けて注いでください。

5、最後に仕上げのステアーを10回ほど

6、完成でーす!

濃いめが好きなら45ml、少し薄めが好きなら30mlで調整してくださいね。

あとメジャーカップですがバーテンなら誰でも持っていますが、ご家庭で計るものがない場合でも大丈夫。

45ml =スプーン大さじ3杯 30ml =スプーン大さじ2杯が大体の目安です。 

 

慣れればすぐに覚えられるので簡単に美味しく誰でも作ることができます。

ちなみにこのミネラルウォーターを冷えたソーダ水に変えると自家製カルピスソーダに変身します。

これも少し変わった作り方が必要なのでまたいつか書きますね♪

 

カルピスってペットボトルでも販売されていますが、瓶やパックのカルピスの味とは比べ物にならないくらい全くの別ものですよね。

カレーでもなんでも一手間を加えることで本来の美味しさを引き出せるのではないかと思います。

美味しいカルピスを作って、腸まで元気な乳酸菌を届けてあげてくださいね!

永久保存版! バーテンダーが教える美味しいカルピスの作り方をお送りしました。

さあ乳酸菌よ、腸まで届け〜!


カルピス 希釈 470ml 3種類 各1本 3本入り