BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

「終・歯列矯正のすすめ」親知らずの抜歯は全然怖くないですよ、大丈夫大丈夫。

緊張しながら片方の親知らずを抜歯した後、もう片方の親知らずも二週間後に抜歯することになりました。

この最後の一本さえ抜歯できれば念願の歯列矯正への道が開ける。

少し頬が腫れたかな〜くらいで痛みどめも何も飲まなくても平気だった一本目の親知らず。

次も先生にスッキリポッキリ簡単に抜歯してもらえるやろーなんて気軽に構えていたのが前回の記事

www.biglife-blog.com

 

男というものはカッコつけのええ格好しいな生き物であります。

 

二週間後の抜歯当日。

前回の抜歯の感覚も忘れかけていたので再び緊張しながらクリニックの門を叩きます。

相変わらず柔らかい先生でここで一安心。

 

はい、それでは今日は片方の親知らずを抜きますね〜と説明を受けます。

前回抜いた方は頭が出ていたちょうどタケノコのような感じでしょうか。

頭は出ていても中にこんもりある感じでした。

しかし!

二本目は肉の中に完全に埋まっています。

 f:id:biglife:20190313001600j:plain

 はい、それじゃあ説明しますね。と

骸骨の模型を持ってきての説明。

先生、前回は骸骨なんてなかったよ?

 

「まず前回の親知らずと少し違うので埋まっている部分の肉を切開してから砕いて抜いていきます」

 

え、、ええーーーーーーーーーーーー。

あ、あんだってーーーーーーーーー!

 

 先生ごめん、聞こえなかったからも一回お願い。

 

うん、うん、そこそこ。もいっかい。

歯肉を切る? メスで切開?

無理無理無理エンドレス。

ダメダメ、やらないやらない。

とりあえず心拍数が上がりながらも最後まで聞くことに。

 

で、抜歯後は縫合します。それで抜いたあとは大きな穴になっているのでご飯とか詰まったら注射器のようなものを渡すのでそれを使って水圧で押し出してくださいねって。

 

先生、僕を今すぐ家に帰らせてください。。

だって前回あんなにも素早く無痛で終わらせてくれたじゃないですか!

ええい、もうここまで来たらやるしかねー!

そうだ、こういう時は無心だ。ただ無になればいいんだ。

俺はただの気体だ、この体は俺じゃないんだ。

ブツブツブツブツ、、、

 

台に横になりあのクリリンの太陽拳のような眩しいライトが口元に照らされる。

はい、それじゃ麻酔しますよー。

テン、テン、テン、テン、テン。

うーん、今日は多めに打ってるなあ。

そうだ、切開と縫合だからか。

ダメだダメだ、忘れろ、無にならないと。

考えるな感じろ。あかんあかん感じたらあかん!

 

カチャカチャと手際よく手術が始まりました。

切開はどのタイミングでされるんだろうか。

い、今サクッといったよね?いったよね?

どっちなの? もう好きにして~

考えるだけで自然と握り拳になっている。

目はギュッと瞑ってひたすら無になることを考える。

こんなときは脳内iTuneでは恒例の北の国からのテーマが再生されるも邦衛さんの顔が浮かび吹き出しそうになる。

笑いに耐え、痛み(実際痛くはない)に耐え、ここはどこ、私はだれ状態で

口の中では先生の手際のいい抜歯作業が進む。

 

どれくらいの時間が経ったかわからずに先生の

「はい、抜歯が終わったので手鏡持ってください」

 

先生、抜いた直後の穴を僕に見ろというのですか。あんたドSですか。

手鏡を持ち恐る恐る口の中を見るとたったいま抜きたてのボコっとあいた穴をみて

泡を吹いて倒れそうになる僕。

しっかり二本の足の穴まで確認できるほど。

 

はい、綺麗に抜けました。今から縫合しますね〜

縫い合わされている感覚もなくそれは一瞬で終わりました。

 

看護師さんが

「お疲れ様でした。とても緊張されてましたね。大丈夫ですか?」

と、ここはかっこよく

 

「ぜ、全然大丈夫です。まあ前回よりも少し時間がかかりましたからね」

と訳のわからない返事をしたものの自分の着ていた服が汗でビショビショになっていることに気づき、ふと横になっていた診察台を見るとナイアガラの滝のように濡れていました。クスクスと優しい笑顔の歯科助手さん。ありがとう。

 

もう最後の抜歯を終えて、頓服薬をもらってなるべく口の中を清潔にしてくださいねと。

先生本当にありがとうございました。あなたのおかげでこの二本の親知らずを抜くことができました。

 

思えば無料カウンセリングで見つかった親知らず。

これを抜かないと矯正ができないと言われて何度やめようと思ったことか。

今こうして抜き終わって本当に良かったです。

と、やっと終わったと思いホッとした次の瞬間、先生から一言。

 

「で、残りの親知らずはいつします?」

 

ガタメキラ!

 

追伸

上の奥にも親知らずがあったのですが、これは奥の上の方だったのでまず出てこないということで抜歯は免れました。

そして、二本目の抜歯も大袈裟に書きましたが麻酔から抜歯、縫合までほぼ無感覚で終わりました。

正直に言うと麻酔も一回だけチクっの1/10くらいのチクはありましたが先生もすぐにわかったようで今のごめんねと。感じるのはその一回だけでした。

こんな汗まみれになりながらビビリの僕でも覚悟を決めて親知らずを抜けたんですからあなたならきっと大丈夫大丈夫! 心配ないさ〜

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic