BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

「続・歯列矯正のすすめ」親知らずの抜歯は全然怖くないですよ、大丈夫大丈夫。

 

続、歯列矯正のお話。ー親知らず抜歯編ー

 

歯列矯正を始める前にレントゲンを撮って歯の状態をチェックされます。

僕はすんなり針金を装着して2年ほどで終わるんやろーなんて楽観していましたが

撮り終わった写真を見て先生が一言。

「この奥の親知らず抜かないと周りの肉が腫れてますね〜、あと反対側の埋まってる親知らずも抜かないと矯正できないですね〜」

な、なんxですとーーー!!

 

怖いよ〜怖いよ〜、抜歯なんて絶対ヤダよ〜と稲川淳二ばりの心の声。

もう歯列矯正やめちゃうか・・・だって抜歯こえーもん!

 

「紹介状書きますから親知らず抜いてきてくださいね♪」

抜いてきてねやないねん先生!

 

「あんの〜、親知らず抜かないまま矯正できませんか?」

・・・

・・・

・・・

「(少し笑顔で)できません!」

アベシっ!!

 

そうか、そうなのか。いいよいいよ、だったら抜いてやろうじゃねーか親知らず!

歯の一本や二本抜くくらいなんでもねーやい!

 

わかりました、抜いてきますと紹介状をもらい確か2週間後の手術予定。

しかし帰り道再び車の中で聞こえてきました。

怖いよ〜怖いよ〜、抜歯なんて絶対ヤダよ〜。

いきがったけどやっぱ矯正やめちゃうか。

もう紹介状ももらったし行くしかないのか。

そうだ、クーリングオフってあったよね。

いや、ここで矯正クリニックに電話をしてやっぱりやめますなんて言ったら

可愛い笑顔でいつも迎えてくれる歯科助手さんに

「抜歯が怖くて矯正やめたらしいわよ」なんて言われちゃうんじゃないか。

 

結局、2週間が経ち。僕は少し汗ばみなが駐車場に車を停めて

紹介された歯科口腔外科に到着した。

優しそうな先生でよかった。この先生なら大丈夫だ。

ホッとしながらまず抜歯の説明を受けます。

「二本あるうちの片方を今日は抜歯しますね」

「先生、何卒よろしくお願い致します」

 

台に寝かされて

「はい、麻酔しますよー」

あっ、これだこれ!忘れてたー!!

そう! 抜歯が怖いのももちろんそうですがこの麻酔がイッチバン怖いのよ!

ズブリズブリと刺されていくあの感覚が痛いの!

なんて思っていたら

テン、テン、テン。

「はい、ちょっと待っててね〜」。

 

あれ、あれー!痛くない! 

ちょっと先生。今本当に麻酔したんですか!?ってくらいの一瞬でした。

近くにある町医者の歯医者さんではあんなに痛かった麻酔も一瞬で終わり

近年の歯医者さんの技術の進歩も凄まじいなあと感心していたのも束の間。

 

って、これもし本当に麻酔効いていないパターンもあり得るかもしれないよね。

だとしたら麻酔なしで親知らずの抜歯!?

待って待って先生、これ本当に効いてるの、、!?

 

5分くらいするとジーンときました。

はぁ、よかった。

そこから頭の出ている親知らずの抜歯が始まったのですが

ガチャガチャ、パキパキ、はい終わり〜。

それは麻酔なんかの違和感はありましたが、もうほぼ無痛で終わりました。

痛み的なものはほぼありません。

 

あと片方の方はまた後日、抜歯しましょう。

受付で予定を決めておいてくださいねと言われて次の予約を取りました。

 

車の中で、あれだけビビっていたのにどりゃっ!と決心して門を叩いて

ドキドキソワソワしながら抜歯をしたものの

意外とこんなもんかあと余裕をかましていた僕。

 

次回の抜歯ではあんなことになるなんて知るよしもなく。。続く

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic