BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

バーテンダー日記 Vol.11 現役バーテンダーが教える美味しいレッドアイの作り方

さて今月いっぱいで現在のお店を辞めて次のお店に行きます。
短い間でしたがたくさん勉強させていただきました。

初日にはお客様から生意気と言われ、街を歩けんようにしたろかなんて言われたり。
そんなことでは動じないので、逆に目をつけられたり。
そんなお客様も今ではおでんを食べに連れてくださったり、帰り際にハグをされたり(笑)
今ではすっかり素敵なお客様です。

お酒も試飲くらいはしますが営業中にがっつり飲むことはしないと決めていました。
会話をするのに頭が回らなくなりますし、元々お酒が弱いので飲んでぐだぐだになるのが目に見えてましたから。

ただね、水商売は真面目だけでは成り立たないのがよくわかりました。
ショットバーで勤務していたときはお酒の味と会話。
スナックはノリとカラオケ(笑)
カクテルなんてほぼオーダーはなし。

はじめは抵抗のあったスナック勤務も慣れれば楽しいもんです。
スナックで勤務をはじめる前にイメージでお客様に提供するときの名前がなぜかマキさんだったんですが、
なんとはじめてカクテルをオーダーしてくださったのがマキさんだったのがビックリしました。
やはり思考やイメージは現実化するんですね!

いつもお風呂で架空のマキさんを相手に会話の練習していましたから(笑)

そんなスナック勤務も残りわずかです。
終わりが決まっていると開き直って接客しているのがいいのかお客様も楽しんでいただいているようです。
2月からショットバーの勤務に戻ります。
新しいお店でまた新たに挑戦です。

昨夜はお客様のオーダーで
ビールカクテル「レッドアイ」を作りました。
簡単に作れるのでレシピの紹介です。
これはぜひ宅飲みでチャレンジしてほしいですね!

材料はビールとトマトジュース。
グラス指定はありませんがビアタンブラーなんてあればいいですね。100均でも見かけます。

1.まずはグラスを冷蔵庫で冷やしておきます

2.泡作りのためにビールを少し高い位置から注ぎま

3.グラスの6割を泡のみをつくり、表面の粗い泡を
大体2センチほどスプーンですくって捨てます

4.次にグラス斜めに傾けてグラスの半分まで静かに
注ぎます

5.トマトジュースを少し高めの位置から注ぎます

6.トマトジュースは濃度が濃いのでしっかり降って
からビールと混ぜるために勢いをつけて注ぎま

7.慣れるまで混ざりにくいですが、極力仕上げステ
アーは控えたいですね

ひさしぶりにオーダーされたレッドアイですがビールが苦手な方にも飲みやすいカクテルです。

生卵をいれたり、少しバーボンを入れたりするとまた風味が変わるので試してみてくださいね。

トマトジュースを少しこだわってすっきり甘めのものを使うとより一層美味しくなります。