BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

XOVER/Aureola (2009) 元Laputaのギタリストkouichi氏はヴィジュアル系で最強のソングライターです

ラピュータのギタリストKouichi氏は今どこに・・・


80年代のジャパメタからその流れを感じる日本のヴィジュアル系バンド。
このヴィジュアル系の語源はXのヴィジュアルショックからきていると言われています。

モトリークルーやラットのようなLAメタルを模倣したようなルックスに日本語歌詞がどうも合っていないように感じるから僕は正直ジャパメタが苦手でです。
しかし90年代はじめに出てきたヴィジュアル系(V系とは呼びません)のバンドは美しかった。

日本の音楽には日本オリジナルの良さがある。
メジャー調の明るい曲より荒廃した哀愁のある雰囲気が日本らしい雰囲気があると思います。

90年代はヴィジュアル系豊作の年だったように思うが、終焉のような雰囲気も漂っていました。
元祖ヴィジュアル系、第二期にあたるXやLUNA SEAはどんどんメイクが薄くなり大衆的になっていったし
もう黒服に妖艶なメイクをしているバンドなんてほぼ皆無でした。

僕はヴィジュアル系に精通しているわけでも、ハマりこんだわけでもない。
そんな僕でも一応音楽雑誌はパラパラとチェックしていました。
バンドやろうぜ、ギグス、ショックスなんてありましたね、懐かしい!

ファッションも黒服からカジュアルでポップな感じになって、自分の考えるヴィジュアル系はもう絶滅したのかなんて当時考えていたように思います。

1999年。
ある日の深夜になにげなしにテレビを見ていたとき、久しぶりに琴線に触れた日本の曲。
ランク王国(知ってる人いる?(笑)) でかかっていたテーマ曲。

Laputa/Breath

Laputa CLIPS OF CRUNCH L∞PⅡ「Breath」Full HD 歌詞付き


Laputa...
なんちゅう名前のバンド!と思いながらも
そのときかかっていたBreathが耳から離れなくて
すぐにCDを買いに行って発売されたばかりのアルバム翔裸カケラをゲット!
このアルバムはもうボロボロになるまで聴きまくりました。

ほとんどの作曲を手がけるのはギターのKouichiさん。
僕が聴いてきたどの日本のバンド、ヴィジュアル系の中でもKouichiさんの産み出すメロディーはぶっちぎりの天下だと思います。
ヴィジュアル系らしく荒廃的、そして美しい!
黒の中の紫、黒の中の赤といおうか。
90年代ヴィジュアル系のピークだったと思うが、その後洋楽にどっぷりハマったので自然と追いかけることはなくなっていきました。

ひさしぶりに翔裸をひっぱり出して聴く。
このアルバムはヴィジュアル系にハードロックの雰囲気、力強さが感じられる。

Kouichiさんの音もパワーコードで押す曲が増えたのもその原因だろう。
ヴィジュアル系らしさでいうとエマダラやそれ以前の作品に感じられる。
独特のコード選び、難しいことはしていないがそれを産み出す才能、ギターも決してうまいわけではないがコンポーザーとしての才能。
間違いなくKouichiさんは天才である。

Everlasting-Kとして活動しているのを知ったのはもっと後で、久しぶりの勝手な再会に歓喜しアルバムを買ったがディスコサウンドにとまどいを隠せず。
それでもメロディーはやっぱりKouichiさんらしさがある。

またあの頃のようなヴィジュアル系で活動してほしいと思っていたときにYouTubeでおすすめで出ていたXOVER Mezame.
Kouichi完全復活でアルバムゲット!
f:id:biglife:20190110200557j:plain
f:id:biglife:20190111110108j:plain

これこれ、これなのよ!!
ボーカルが変わってもKouichiさんのサウンドは変わらない。
多くのミュージシャンが成長といって容姿や機材も変わっていきますが、
ある特定の時期のそのバンドが好きな自分はいくら新譜がでてもやっぱり当時のアルバムを聴くというサイクルが続くなか、いい意味で変わらないKouichiさんに感動しました。

コーラスはジャズコでいいの!
ヴィジュアル系は美しく荒廃的でなければいけない。
素顔も見せないし、昼間会っても誰かわからない。
それくらいでちょうどいい。

それからほどなくして行ったXOVERのライブ。
もう10年も前なのね、、
一人で行ったなあホリデー大阪。

f:id:biglife:20190110204112j:plain

黒いエナメル衣裳にESPのカラス!
Laputaは解散していたけど、Kouichiさんを生で見たいという願いは10年越しに叶いました。
いや、マジでかっこよかったなあ、、

小さなライブハウスで、女性のファンばかりで革のライダースを着ていた僕は間違いなく
場違いな感じは否めなかったけど、アンコールでなんとまさかの2回目の目醒!
小さくガッツポーズしちゃいましたね(笑)

現在Kouichiさんはどうしているのでしょうか。
できればギターを弾いていてほしいなあ。
Laputaの再結成はないですか?
教えてください、ファンの皆さん。

Kouichiさん、実はうちの母親そっくりなんです。
田舎に帰省して母に会うとなぜかKouichiさんを思い出します。

近々Laputaの再結成なんてあったりして!?
最近ツイッターも更新されていなくてHPも消えていました。

またステージでKouichiさんを見るのが僕の願いです!
Kouichiさん、早く戻ってきて〜


Aureola(DVD付)