BIG LIFE

No Regrets, This is your LIFE!

氷室京介/Higher Self(1991)

ボウイ解散後、ソロになってリリースされた
ヒムロックの三枚目のアルバム。

 

氷室京介/Higher Self(1991)
f:id:biglife:20181004215807j:plain

 

長く音楽を聴いているとこの80年代後半から90年代前半の

音質がわたしは大好物であります。

洗練されすぎていない、でも機材の進化の入り口にいるような

そんなサウンドのこの時代の音楽たち。

わたしのヒムロックデビューはSTEVE STEVENSの
影響ではじめて聴いたIDEA

www.biglife-blog.com

 

バックナンバーを揃えていったなかで
一番聴かなかったのはネオファッシオ。

そのつぎにリリースされたハイヤーセルフは
ネオファッシオよりはメロディーが充実している。

フラワーズからこのハイヤーセルフまでを
聴くとメモリーズ―の完成度はやはり比べ物にならない。

雲泥の差がある。

し・か・し
ではどうしてメロディー愛好家の私が
このアルバムを取り上げたか。

何と言ってもこのサウンドの質感にある。

映画でいうターミネーター2の質感といおうか。

薄い膜を貼ったような映像。

 

おすすめ度は★★★☆☆

正直アルバムのおすすめ度はそんなに
高くない。
実際ほとんど棚にあるからだ。

1.Crime of love★
2.Black-List
3.Velvet Rose ★★★
4.PSYCHIC BABY
5.MAXIMUM 100の憂鬱
6.WILD AT NIGHT★
7.STORMY NIGHT★★
8.CLIMAX
9.CABARET IN THE HEAVEN
10.MOON★
11.JEALOUSYを眠らせて★★
12.LOVER'S DAY Piano

特に特筆すべきはトラック3の
VELVET ROSE。

やはり曲目の★リストをみてわかるように
ヒムロックの声は歌謡ロックがよく似合う。

実験的といえばいいのか、
冒険した感のある他の曲は通しで聴いても
私の耳には残らなかった。

ファンではあるがやはりここは是々非々を
貫かせてもらう。

アルバムを通して聴くことはほぼないが
VELVET ROSEだけのi tuneの再生数はえげつない。

この浮遊感、寝落ちする寸前まで
聴いていたいこの曲。そしてこの曲で目覚めたい。
西平氏のシンセサウンドも絶品である。

そういうわけで

氷室京介/ Higher Self(1991)

でした。
★以外の曲はほぼ聞いていません。