BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

バーテンダー日記 Vol.1 バー初心者はここをチェックするべし

バーテンダーをしてきた経験、学んだことを残しておこう。
そもそも興味本位ではじめたバーテンダー。

ずっと続けるつもりもないし一生の生業にするつもりもない。
そしてバーテンダーを卒業するまで自分の中では
もうすでにカウントダウンがはじまっている。

これからバーテンダーをはじめたいあなたにとって参考になるはずだ。

今夜は第一回。

お客様がバーテンダーに求めるもの。

それはトーク力だったりお酒の味だったり
それぞれだと思う。

もちろん店によって提供する売りが
違うのも理解できる。

しかし、これからバーに行く初心者の方でも
いいバーかそうでないバーかを見極める方法が
あれば知りたくないだろうか。

あくまで個人的見解だがバー初心者の方に
見てほしい場所、それは

1.「トイレのきれいさ」
2.「トイレの手を拭くもの」
3.「バックバーのきれいさ」

お酒についてはまた改めるとして
まずはここを見てみると素人のお店か
どうかがすぐにわかる。

バーテンダーは素人でもできてしまう商売と
聞くとあなたはどう思うだろうか。

だいたい見習いで勤務するバーのマスターも
素人延長の人も多い業界だ。

師匠の師匠もアマチュアであることが
多い業界なのだ。

しっかりプロの味や技術を提供する店の
時給は安いし、適当な店ほど時給は高い傾向にある。
それはどこかの記事に書いた。

私はバーに行けば先述の三点を見る。

トイレはふたを開けて見てみるし
手を拭くものは紙ペーパーであれば合格。
たまにおしぼりが置いてあるがあれはギリギリよし。

バックバーとは酒の置いてある棚のこと。
電気の加減で後ろの棚まで見えないかもしれないが
よく見ると見えるので確認してみてほしい。

飲食店はやはり清潔感が一番大事です。
どれだけバーテンの身なりを整えていても
誰でも判断できる場所。それはやはりトイレ。

私が勤務しているバーも入社した頃から
出勤日は私が必ずトイレ掃除をします。

お客の立場で見に行くときに自分自身で観察する
場所なので少し時間をかけてピッカピカにします。

僭越ながら私の勤務する店のマスターは
素人のまま開業されたので、偉そうには
言わないがそういったところには全く目がいっていなかった。
ご縁あって勤務しているので私がやれることはやります。

今でも忘れませんが初出勤日に
「トイレ掃除終わってますか?」と聞くと
「今日はまだや」と返ってきたので
私がすすんで掃除をしようとふたを開けると
、、、 昨日今日の汚れではありませんでした。

こういうところなんよね。なんて思いながら
バーテンデビューをしたものです。

お客様は細かいところまで気がつかれます。
飲食店はもちろんどの業界でもやはり
掃除を徹底できるか、これが接客力以前に
一番大切なことだと私は思います。

今夜はここまで♬


(Osyakanakoさんスターをありがとう!)