BIG LIFE

No regrets, this is your life!

ギターレッスンについて3 なんでもできる器用貧乏ほどつまらんもんはない

あなたはラーメンが食べたいとき

どうやってお店を探すだろうか。

 

いつも行っているお気に入りのお店?

少し冒険しようとネット検索?

それとも通りがかったそこのお店?

きっと専門店を探すはずだ。

 

味噌なら味噌が美味しいラーメン屋さん。

醤油なら醤油ってね。

 

もし二軒のラーメン屋さんが並んでいるとしよう。

あなたが今猛烈に食べたいラーメンは味噌ラーメン。

 

A店は味噌も醤油も豚骨も焼き飯、餃子なんでもあるお店。

B店は水はセルフ、メニューは味噌ラーメンとライスしかない

味噌一筋のお店。

あなたはどちらの店を選ぶだろうか。

 

これは私たち音楽家にとっても当てはまるいい例だと思う。

ジャズもブルースもロックもメタルもできますよ。

なのか、

他のはできないけど、僕はジャズばっかり聴いて弾いています。

 

もしあなたがジャズのライヴやCDを買うならどちらの

ギタリストのCDを買うだろうか。

 

いや器用な人を非難しているのではない。

講師業の人にこのタイプの人は多い。

それはその職業だからいいが

芸術としての音楽家、つまりアーティストなら

これではその他大勢に埋れてしまう。

 

前回のブログでも書いた。

私たち音楽家はリスナーの心を揺さぶる曲を産み出してこそ価値がある。

 

www.biglife-blog.com

www.biglife-blog.com

 

以前有名な講師と話をした時に

僭越ながら聞いてみた。

 

「で、結局何が一番なんですか?」って。

 

私は興味があって聞いただけなのだが

少し黙って本人は

「私もわからない」って返ってきた。

 

自分はこれが一番好きだ。

勝負ではないと書いてきたが表現として

私はこれだけは絶対に負けないと言えるものが

ないのは音楽家としてどうだろうか。

 

例えばマイケルジョーダンはバスケットで一番だ。

私の敬愛する三浦カズはサッカー。

イチローは野球だ。

 

その身体能力からきっとカズは野球もバスケもこなすだろうし

イチローは水泳や陸上競技もこなすだろう。

 

だけど、はっきりこれと言えるものをまずは追求すること。

これは本当に大事だよ?

 

どれも70点より何か一つ100点の方が私は価値があると思う。

あくまで私の主観だから手広くやりたい人はどうぞ。

誰も止めないしそれはあなたが決めることだから。

 

でもねさっきのラーメン屋さんの話だけど

本当に私はその道専門でやっているお店でラーメンが食べたい。

 

芸術は本当に奥が深い。

絵も音楽もなんでもそう。

 

やはり追求しようと思うと時間がかかる。

私の専門はロックだが20年経った今でも

まだまだ聴いていないCDはあるし

まだまだ伸びしろだらけだ。

きっと生涯自分のゴール、理想を追い求めていくのだと思う。

 

私の祖母より母の方が料理は上手い。

ある意味当たり前である。

 

しかし母の得意な料理は私も思い出せない。

祖母が唯一母に勝っている料理は牛肉のしぐれ煮だ。

これだけなんでもできる人よりも強烈に記憶に残る。

 

音楽も現代の人の方がテクニックや機材の進化により

はるかにレベルが上がった。

 

だけど、ジェフベックのようなギタリストはいるか。

私の答えはNOだ。

動画サイトもあまり見ないのだが

最近のギタリストを聴いていて

後ろで聴いていた音楽に興味のない弟が言った。

「さっきから同じ人ばっかり聴いてるの?」って。

 

いや、私は何人も違う人を見ていた。

でも彼にはそう聴こえたのだ。

もちろん私にもそう聴こえていたが。

 

某音楽学校に速弾き専門の学科ができた時に

私は幻滅した。

で、卒業した後は世界速弾きコンテストにでも

出たいのだろうか。

全くどうかしてるぜ。

そう思ったものだ。

 

だからあれもこれも手を出す前にあなたはあなたの好きな

追求したいジャンルを追求するべきである。

 

何かを追求することは何かを捨てること。

あなたはあなただけの音楽を産み出し追求するのだ!

 

決してファミレスやコンビニになってはいけない。

潰れてなくなってもここ何があったっけ?

なんて思わせるな。

人の記憶に生き続ける、そしてふと口ずさむ歌。

そんな音楽を産み出すのが私たちの使命なのだ。

 

今日はこれまで。ありがとう

 

(como-kumaさんお久しぶりですね、スターをありがとう!)