BIG LIFE

No regrets, this is your life!

「勇気」と「お金」の法則

勇気とお金の法則という本を読みました。

 

帯にお金の本でこんなに泣くなんてと書いてあったので

興味があって読んでみたもののさらっと読みおわり

泣きもしなかったし感動もしなかった。

 

某A社風に星をつけるなら★★★☆☆

といったところだろうか。

 

億万長者になるためにバリバリ稼いでやろうと

考えているとやはり目につく本や情報はその手の

お金関係の本になる。

 

意識することから始めると思考が変わり

情報を得ようとアンテナが常に敏感になる。

 

本書は特に具体的なお金の稼ぎ方などは書いていない。

どちらかというとメンタルやマインドについて書かれている。

 

もしこの本にすごいお金の稼ぎ方を期待して購入を

考えているなら趣旨が違うので違う本をオススメする。

 

お金に対する考え方という面ではうまくまとめられているように思う。

 

この本の言いたいことは

自分の性格や考え方は生まれつき持っているものではない!

今ままでの意識を変えて小さく行動をはじめろ!

 

その行動の具体例が書かれているのですぐに実践できる。

 

お金を使う時には感謝してありがとうと言う。

当たり前のようで最近できていなかったので再確認できた。

 

 よくネガティブな私のいとこの女の子は

口グセで「こんな性格だから・・」

というが私は

「まずその口グセやめな」って言います。

 

なぜか。生まれた時からあなたはそんな性格じゃなかったはず。

オギャーっと生まれて「私はネガティブだから」

なんて考えてたか? それはないやろうって。

 

両親、祖父母、兄弟、友人、先生など

出会った人や周りの環境が大きく自分をつくる。

 

この本にもそんなことが書かれていてお金に関する考え方も

両親の影響が大きいと。

 

だから考え方を改めなければ今までのまま。

変わりたかったら思い切って今までの行動と違うことを

勇気を出して行動すること。

 

サラリーマンの主人公がお金持ちのメンターを

紹介してもらい不動産投資を勧められるが

このところも詳細が書かれていない。

もし不動産投資をするなら別の本も読むこと。

 

淡々と話がすすんでいくのでつまらない印象を

持ってしまったが中でもいくつか考えさせられた箇所があった。

 

もしお金がたくさんあったら本当にやりたいことは何か。

確かに毎日の生活や毎月の給料のお金に脳が支配されて

ワクワクした仕事をしないことが当たり前になっているのではないか。

 

改めて本当に自分のやりたかったことはなにか。

私でいうとギターだ。

バンドマンでメジャーデビューしてなんて

考えていた時期もあったがメンバーとうまくいかず

しまいには音楽で生活するような時代じゃないと

言い訳をしていたのではないか。

いろんな方法や形があるのに意固地にこだわっていたのは

自分ではないか。

もう一度、お金とか人気になりたいとか関係なしに

好きだからやっている。それだけで充分じゃないか。

本当に好きなことに打ち込んでみようと思った。

 

もしお金啓発系の本が好きな私のようなあなたには

おさらい、再確認する意味で本書はオススメできる。

 

お金を稼ぐ、大金持ちになりたいあなたにも

まずは心の持ち方、お金に対する考え方を

考えるきっかけになる意味ではオススメできる。

 

物語があっさりして、スープにコクがないように思えるが

お金啓発系の入門書としては読んでみてはいかがでしょう。

 

今夜もありがとう。

自分の手で自分の人生を変えるための行動を起こすこと。

なるほどなあ

(transparent1289さんありがとう!

 bookrockcurryさんありがとう!

 amaguricafeさんありがとう!)

f:id:biglife:20181110180245j:plain