BIG LIFE

No regrets, this is your life!

とても気持ちのいい面接

意気揚々と街まで引っ越してきたのはよかったが

仕事がなかなか決まらない。

焦ってはいないが明らかに目減りする貯金通帳を見ると

少しソワソワしてしまう。

 

今夜も一件面接に行ってきた。

人生ではじめて履歴書不要の場所。

 

なんと私で50人目だそうだ。

その中でどういう風にチームを作るか考えるので2.3日返事を待ってください

とのことだった。

 

思えば就職活動なんてしたことがなかった。

高校生のころはスーパーでバイトに明け暮れていたし

そのまま社員にならないかと言ってくれたのを断った。

 

しかしいつまでもバイトのままではいけないと妙に

世間体なんかを気にしだしてやったことのない就職活動を

してみようと革靴を新調したりして

正社員募集の仕事に面接に行った。

 

一件目は葬儀屋さん。

大手の葬儀屋さんで式の運営と聞いていたので

お葬式の式の段取りなんかをするのかなと思って

支配人らしき人が面接をしてくれた。

 

とても面接自体はよかったが聞くと

セールスや会員の勧誘なんかが主な仕事と聞いて

丁寧に断った。

 

二件目も地元の小さな葬儀屋さんだった。

若い男性が面接の担当だったがネクタイやジャケットを

羽織らない少しだらしのない印象だった。

はじめは話も弾んでよかったが同じ大学に行っていたことが

わかるとすぐにタメ口になりこれはどうだろうと思い

後日丁寧にお断りをした。

 

三件目は農機具の買取の営業だった。

面接の電話を入れたもののなんと本社が隣県と聞いて

考えたが車も持っていたので行くことにした。

三時間ほどかかり田舎の小さな工場についた。

 

プレハブ小屋に電話受付の女性が五人ほど。

奥に男性が一人いて

「こんにちは、面接に伺ったHMです」

というと「ああ・・」とだけ。

小さな横のテーブルに案内されて

履歴書を見て「こいつないわ」と思われたのか

いきなり態度が横柄になった。

 

私なら遠いところよく来てくれましたねなんて

お茶をだしてあげたいなあと勝手に思っていたが

さっさと帰れと言わんばかりに

これで面接終わりますとだけ言って去っていった。

 

腹も立たないし気分も悪くはない。

だってこれは好奇心で始めた就職活動だから。

 

結局、こんなもんかと思って就活をやめて

地元の広告に出ていた求人を見てまたバイトを始めた。

しかし、、そのバイト先の社長さんと運命的に出会い

それはそれは本当に勉強させていただいたし

色々なことも教えてくださった。

 

と、考えると今まで断ったり落ちたところは

落ちてよかったんだと思えた。本当にそう思えた。

 

受かったところでガンバっていると

道が開けると思った。

 

そのことがわかっているから今回もそうだ。

神様、そろそろ導いてくださいませんかと思うが

落ちたところや面接までのやりとりで断ったところは

自分の行くべき場所ではないのだろう。

 

しかし貯金が目減りして焦ってくる気持ちの中

今夜行った面接はとても気持ちのいい面接だった。

 

この人と働きたいなあと思えた。

合否は2.3日後。

受かっても受からなくてもこの人に出会えてよかった。

お話を聞けてよかった。

久しぶりにそう思えた面接だった。

 

受からなかった場所は行く必要のなかった場所。

そう思ってご縁がある場所で思いっきり働きたい。

 

今はそんな気持ちです。

 

今夜もありがとう!

(yabuosoさんありがとう!) 

f:id:biglife:20181110173732j:plain