BIG LIFE

No regrets, this is your life!

わたくし、ミニマリストをやめました

物を少なくし生活をシンプルにする。

これはとても大事なことだと思う。

 

が、なんでも少なくしていけばいいと最近思わなくなった。

引っ越す前と引っ越した後どこまで減らしていけるのかをチャレンジした。

物を持たないかっこよさにも憧れたしそのシンプルさに惹かれた。

 

これもいらない、あれもいらない。

ここ数ヶ月間の私は特にそういう傾向にあったと思う。

 

先日ルイヴィトンのお財布を買った記事を書いた。

www.biglife-blog.com

 

行き着くとこまでいけばお財布もいらないよね。

とか

なんでも入れられるならいいよね。

とかそんな考えになりかねない。

 

私は思った。

物を持たない、少なくして身軽に生活をする。

素晴らしいことだし今でもその考えもある。

 

しかし極限まで持たない主義に私は合わないことが

わかった。

 

上質なものを所有したい欲求はそれ以上にあるし

高級車だってさらっと乗りたい欲求もある。

もっとお金を稼ぎたいしそのお金を循環させたい欲求もある。

 

高級ブランド品には元々興味はなかったが

やはりいいものはいいのだ。

 

豊かになりたいという欲求は人間にとって当たり前の欲求だ。

 

通販でドカ買いするのは自分にとって意味のないことだが

お財布を買いにルイヴィトンに行った時

こういうブランドの店員さんは言葉の選び方から

接客までやっぱり違うなと思った。

 

そうなると自分自身も汚い格好では行けないなとか

ちゃんと髪を切って整えてから行きたいとか

それに見合った人間になろうとするのではないか。と思う

 

それに見合う自分になってから買うのではなくて

先に買ってしまってから自分を磨いていく。

 

高級ブランドで全身を見繕いたいなどは全く思わないが

自分の所有しているアイテムに本当に気に入ったものを

所有するのは単純に気持ちがいいものだ。

 

本当に気に入ったもの、上質なもの。

そのアイテムから得られる気持ち、気分。

これは生活をする上で大切なんじゃないかと

私自身は実感している。

 

靴にお金をかけなさいとは祖母の言葉だが

その本質は上質なものを大切に永く使いなさいだと

よくわかる。

 

私自身ユニクロやGUにもよく行くし

高級ブランドショップにもよく行く。

 

たくさん買えるセレブではないので笑

一気にはもちろん買わないが

本当に上質なものに触れる機会は

自分にとってとても大事な時間である。

 

私でいうとYouTubeのライブ動画をみているより

生のライブを観ることが人生を彩ることになっている。

 

いつかはハーレーに乗りたいという

バイク好きの友人もいつかなんてこない、今すぐみておいで

と私に言われてからカタログばっかりみていないで

先日はじめてハーレーショップに行ってきたという話を

聞いてやっぱり自分の欲求を抑えずに素直に感じればいいと思った。

 

今すぐに買えないかもしれない。

だけど実際行動に移してそれを手にした自分を

思い描ければ半分買えたようなものだ。

 

音楽なんて聴ければ同じ、バイクなんて乗れたらなんでもいい。

ま、そこまでは思わないにしろ

行き過ぎたミニマリズムは私の感性を窮屈にさせる。

 

ものを吟味して買う、永く大切に使う。

このことさえ押さえておけば

高級ブランドであろうが何万円の湯のみであろうが

何百万のギターであろうが私は購入するべきだと思う。

 

充実した人生とは・・・体験した数、経験した数。

 

そんな体験や経験には出し惜しみすることなく

気持ちよくどんどんお金を使いたいと思う今日この頃。

f:id:biglife:20181109071611j:plain

 

今夜もありがとう