BIG LIFE

No regrets, this is your life!

ルイヴィトンの新しいお財布を買いました

はじめて買ったお財布をあなたは覚えていますか?。

 

ずっと遠い記憶を思い出して頭に浮かんだはじめてのお財布は

アディダスのナイロン財布。

開け閉めするたびにマジックテープがバリバリうるさいやつ。

 

中学生の頃に買ったお財布は親戚のにいちゃんが持っていたのと

同じレザーブランド・レッドムーンの二つ折り革財布でした。

 

毎日毎日ミンクオイルで手入れしていてお気に入りのお財布でした。

ヌメ革色(肌色)がすぐに茶色くなって中学生にしては

渋いお財布だったと思う。

RMって刻印の入ったお財布まだ売っているのかなあ。

 

高校生になると一気にブランドもののお財布を持っている

割合が高くなった。

聞くと10万円くらいするような財布も

あったように思う。

お金持ってるんやなあくらいにしか思ってなくて

嫉妬とか妬みは一切なかった。

なぜか。

バイト代は全てCDと楽器に使っていたから。

それはそれで満足していた。

 

日に日に増えていくコンパクトエフェクターに埋め尽くされる部屋。

まるでおもちゃが増えていく感覚でした。

 

話を戻して。

 

高校生の頃に使っていたお財布は父親から誕生日にもらった

黒い革の長財布。

もうほんとこれ周りからはしぶすぎ!っと笑われていたのですが

全然ノーダメージ。笑

 

気に入って使っていたのですが薄い革だったので

すぐにボロボロに。。

 

社会人になっていいお財布が欲しいと思い

教えてもらったのはグッチの二つ折り財布。

 

グッチっていうブランドも知らなかったし

4万円も出して買うお財布ははじめてだった。

 

それでも使ってみると革のさわり心地も良くて

ブランドの知らない私でもいいものだとわかった。

 

あれから10年近く経ったけど

そのグッチは今でもしっかりしていてバリバリ現役。

 

流石に10年も頑張ってくれたので

新しいお財布を買いに今度ははじめてのルイヴィトンに。

 

またグッチにしようかと思っていたら

母親がルイヴィトンのお財布を使っていて

くたびれてきたから新しいのを買いに行ったときに

ルイヴィトンは中身を新品に修理して返してくれたという話を聞いて

今回はルイヴィトンのお財布にすることにした。

 

聞いてびっくりしたのは革じゃないってこと。

材質は上質なビニール。なのにこんなにお高い。

ま、きっとまた10年間支えてくれると思って購入しました。

f:id:biglife:20181102035848j:plain

 

ブランドがどうのこうの、長いの短いの、色々ありますが

やっぱり人がどうこう言おうが

自分が気に入ったお財布を気持ちよく大切に使うのが一番です。

 

さっき10年と書きましたが

修理してくれるということは20年使えるかもですね!笑

 

ちなみに満月の夜に月に向かってお財布を振るとか

使う前はピンクの布にくるんでタンスに寝かせるとか

好きなんで私喜んでやります。

なんでも楽しんでやりましょうよ。

 

コードバン(馬革)の黒い革財布もツヤツヤでカッコよかったので

次はいつになるかわからないけどそれにしたいなあ。

 

上質でしかも使うことに味が出てくるものが大好きです。

新品よりも少し使い込んだ感じがカッコよく見えませんか?

 

あ、だからビンテージのギターが好きなのか。

 

今夜もありがとう!

(retire2kさんありがとう)