BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

逆流性食道炎を自力で治した_『第二話』人生ではじめての胃カメラ

こんにちは、モリです。

 

前回は昼食後、

吐き気が収まらずに内科に行くも

症状がまったく良くならず再度同じ内科へ行くと

大量のH2ブロッカーを処方されてあまりの対応の悪さに薬を捨てたお話。

 

www.biglife-blog.com

 

 

そこから僕がどうしていったかというお話のつづき。

 

まず原因はわかりました。

1.食後すぐに横になる習慣がついていたこと

2.肥満だったこと

 

だったらこれを改善すればいいだけの話ではないか。

それがそう簡単な話でもなかったんです。

なんせはじめての経験だったもんですから

極度の神経過敏症になってしまいました。

 

もう見るまで納得できないと思い始めての胃カメラを申し込みました。

家族は大袈裟だと言いましたが大袈裟であろうがなんであろうが

現在胃の中がどうなっているのかをどうしても確認したかったんです。

 

はじめての胃カメラを一週間後に控えた僕の

心境はとても不安と緊張の毎日でした。

 

祖母からはえずくから心してかかるように

と毎日傷口に塩を塗るように聞かされました。

大好きな祖母が生まれてはじめてこんなに

性格の悪い女だったことをはじめて知りました。笑

日頃トイレのドアを開けて用をたす祖母をいつも叱っている腹いせなのでしょうか。

 

日に日に迫る胃カメラ。

そして迎えた当日。

 

予約は朝一番。

緊張で一睡も眠れませんでした。

まず病院につくとウィダーインゼリーに似た袋に

大きく息を吐かされました。

それはピロリ菌がいるかの検査でした。

 

そしてここから胃カメラの第一段階。

看護師さんに喉にのどヌールスプレーのような液体をかけていただき

内視鏡が入る入口に液体麻酔をします。

ちょうど喉ちんこのあたりなんですが、これが極度に気持ちが悪い。

まともに唾も飲み込めない状態のまま暗い別室に案内されます。

 

その薄暗い部屋でベッドに横に寝かされると

若い看護師さんと二人っきりになりました。

これが状況が状況ならとてもいい雰囲気に

なっているのでしょうが、淡々と用意をする看護師さんを

見て現実に引き戻されました。

 

横になっていると先生が椅子に座ります。

「はい、それでは入れていきますよ〜」と優しい声。

説明ではうどんほどの太さの内視鏡を今の時代は

鼻から通すので大丈夫ですよと聞いていたので安心しきっていたが

鼻腔が狭いため口に変更しますと言われました。

え?先生聞いてないよそれ。

こういう場合、予想外のことは多々あるものです。

 

まさかオールドスタイルで飲むことになったはじめての胃カメラ。

入った瞬間からウェーっ!

とえずくえずく。

涙がポロリ、もう一つポロリと

坂本冬美さんの夜桜お七ばりに涙がこぼれる。

 

この状況でなんとか心と思考だけは冷静に保とうと

するもののあきらかに喉を通過している

この透明のうどんの違和感に耐えられずに終始えずいていました。

 

※  ちなみにこれから胃カメラを飲む人のために

 言っておきますが、怖がらそうと思っているのではありません。

 むしろその逆で先生によって上手い下手があるらしいので

 受診されるところを調べてから受けた方がいいです。

 母が内視鏡をした先生はとても上手で

 最後まで一回もえずくことがなかったみたいなので。

 

あまりに苦しそうにしていたので先ほどの

若い看護師さんが背中をさすってくれました。

小さな手のひらを背中に感じ看護師さんの優しさが背中に伝わってきます。

優しい声で背中をさすりながら

落ち着かせようとしてくれたのか

 

「草原を想像してみてください」と言われました。

 

ありがとう、

言いたいことはわかる。

だが、この状況でそれはできない。

 

いや、僕だってさだまさしの北の国からを

脳内 i tuneで再生しようとしたものの

なぜか邦衛さんを思い出して今度は笑いが止まらない。

 

これではいけない。

胃カメラを飲みながら笑っているなど

狂気の沙汰ではないか。

 

脳内の思考はカオスになっていましたが

喉に透明のうどんがしっかり入っている事実は変わらない。

 

スルッと透明のうどんが食道から抜かれて

無気力状態で横になっていました。

先生はそのままでいいですよと

胃の中の写真を僕に見せてくれました。

 

「ま、綺麗なんだけどもここが少し荒れているかなぁ」と、あんたは円ヒロシか。

 

結局一万円を払ってはじめての胃カメラを

体験しそのまま昼から会社に出勤をしました。

 

親知らずを抜いた人が大袈裟にしかも嬉しそうに話す光景を何度か見て

「んな大げさな・・」と心で思っていましたが

今回胃カメラをした僕はあろうことか同じように

まるで戦火をくぐり抜けてきた戦場カメラマンのように

武勇伝を同僚に語っていました。

 

結果、胃カメラは飲まないに越したことはありませんが

あえて言います。 胃カメラは恐れるに足らずだ。

 

こうして自分の胃の状態を知ることができました。

第一段階はクリアです。

次回からは具体的に僕が自力で治した方法を

記事にまとめたいと思います。

 

続く。