BIG LIFE

あなたのつま先がいつも希望へ向かいますように

2020-01-20から1日間の記事一覧

京都伏見の酒粕は玉乃光純米吟醸酒粕で決まり!

京都伏見は酒蔵が多くて有名ですがこの季節はなんといっても粕汁でしょ!ということで酒粕を買っては粕汁を作る日々を過ごしています。 しかし今年の冬は暖かい、本当に暖かい。 もっと寒くなると粕汁が美味く感じるのですが。ちなみに関東、茨城から大学で…

Introduction2

ジェイクEリー/ジェイクフェイクに魅せられウン十年。 運よくドメインをゲットできた記念にブログを開設しました。 このブログでは大好きなジェイク関連やメロディアスハードやAORの事。 基本的にメロディックであればジャンル問わず大好物です。 密かに活動…

CLIF MAGNESS/solo (1994)

Planet3でも活躍したクリフマグネスのソロアルバム、その名もsolo。 声質はキップウィンガーのように男らしく暑苦しいクリフのボーカルにいかにも90sらしい清涼感のあるシンセサウンドで埋め尽くされたハードポップ/AOR、その手のメロディアスハードが好きな…

松山千春コンサートツアー2018「ことば」@グランキューブ大阪

いつだったかTOTOのフェスティバルホールを家族で観に行ってから母はコンサートというものにハマったみたいで、昔から大ファンだった松山千春さんを生で観たいのでチケットをとってほしいと。 地元のコンサートチケットを一般プレイガイドで入手。 ファンク…

坂本冬美コンサート2019@ロームシアター京都

人生で初めての演歌のコンサート。 大好きな坂本冬美さんのコンサートに行ってきました。 ロームシアター京都のキャパは2000人だそうですが、少し4階に空席があるだけでほぼ満席。 やはり年齢層は高めでしたが、おじいちゃんおばあちゃんの元気なこと!…

自分を創ったギタリスト10人

時系列順に 1.Richie Sambora 洋楽へ目覚めたきっかけ。 2.John Sykes THIN LIZZY期のサイクシー 3.JakeELee SGJrを弾くジェイクに一目惚れ 4.George Lynch ワイルドなカミソリギターにノックアウト 5.Gary Moore ブルースに目覚めるきっかけ 6.Dann Huff スタジオミュージ…

ALIEN/Demo(1989)

メロディアスハードロックが好きな人ならもちろん知っているはず北欧メロディアスの雄、ALIEN。「キラキラ、メロディアス、哀愁」を見事に体現した素晴らしいバンドでこのバンド知らずにメロディアスハード好きなら完全もぐりだな。 再発もされたファースト…

KEY TO THE HEART/V.A Higher octave music

Higher octave というレーベルがリリースするアルバムはいわゆるスムースジャズの専門レーベルと認識していますが、爽やかで哀愁があって琴線に触れる音楽をたくさんリリースしているレーベルです。 まだネットもない時代にCDを買うときの目安としてweaはメ…

松山千春コンサートツアー2019@グランキューブ大阪セットリスト

松山千春さんのコンサートへ行ってきました。 喉の炎症でライブが延期されたとMCで仰っていましたがそんな情報も全く知らず、高音が少ししんどそうではありましたが相変わらず素敵な歌声でした「今日ほどお客さんの拍手と声援が嬉しい日はありません」と千春…

MR.BIG/MR.BIG(1989)

日本で大人気MR.BIGのファーストアルバム 個人的に80s好きと言っても前期中期後期では雰囲気が全く違い、特に思入れが強いのは中期~後期、そして90年代前期までの音楽が大好物である。 そして今日レビューするMR.BIGのファーストアルバムは89年リリースされ…

福田こうへいコンサート2019~一所懸命~@ロームシアター京都

2月に坂本冬美さん、今月は福田こうへいさんと演歌のコンサートを観に行く機会が増えています。 演歌ってちょっと、なんて思っていましたがなんのなんの熱いロックを感じるステージで、ファンサもしっかり。そらファンになる人多いはずだわ。 今夜は祖母が…

Yubi sound lab 優美Duncan Stratocaster

Valley arts以外のギターを手放した後、どこにでも持っていけるストラトを 探していたときに購入した優美ダンカンのストラト。 まずネックのグリップが最高で今まで弾いたギターで一番手に馴染んだネックでした。 3.3kgの軽量アッシュにエボニー指板。時代背…

XOVER 新世界の創造@ ホリデー大阪

LaputaのギタリストKouichi氏は今どこに・・・ 80年代のジャパメタからその流れを感じる日本のヴィジュアル系バンド。このヴィジュアル系の語源はXのヴィジュアルショックがルーツと言われている。 Motley CrueやRATTのようなLAメタルを模倣したようなルック…

MOTLEY CRUE the FINAL TOUR IN JAPAN @神戸ワールド記念ホール

モトリー・クルーのファイナルジャパンツアー。 初めてモトリーを知ったのは某ギターショップの店長から借りパクしたモスクワミュージックフェスのライブ。 多分Girlsの頃だったと思うけどみんな痩せていてヴィンスもイケメンだった頃。 あのときまさかモト…

Seymour Duncan SH-4 JB Model

ギターの音の変化を安価で狙うならまずはピックアップの交換がベスト。 ギターを始めた中学一年生の頃グレコのレスポールカスタムを使っていました。 それが結構重たくてネックの薄いかっこいい音のするレスポールカスタムでした。 地元の小さなのギターショ…

WAYNE GUITARS Rock Legend オリジナルシャーベル

ハードロックが盛り上がっていた80年代。 あの当時はハードロックだけじゃなく音楽自体の産業がとても盛り上がっていました。 リアルタイムではないのにCDラックにあるCDはほぼ80sの音楽ばかり。 この独特の盛り上がっていた時代の空気感が大好きです。 音…

DiMarzio 70s VintagePAF Pickup

2ハムのギターの場合リアピックアップは好みのものは浮気せずにすぐにわかってもフロントピックアップは何を搭載すればいいかわからないなんてギタリストは多いんじゃないでしょうか。 だんごになったり抜けなかったり結局パワーの弱いピックアップを選ぶし…